下駄の寿命



気に入り過ぎてずっと履いていた丸屋さんの下駄。
とうとうさすがに寿命が来たので買い替えてきました。

歩き方の癖で外側だけ擦り減ったりすることがありますが、きちんとお手入れすると長く履けます。

どうするかというと、「鋸やすり」というやすりで削るのです。
そうすると、ギリギリ最後まで履くことができます。


オーソドックスなものを一足。

民族模様のような柄のを一足。

今回も「今日の一足」でご紹介いただきました。

丸屋さんでは、下駄の履き方なんかも教えてもらえますよ!
前回の丸屋さんの記事はこちら→「スバラシキ下駄の世界