ブログ

理想の衿の形の作り方

先日のご相談は長野からお越しいただきました。
気になってらっしゃった点は、脇のたるみと衿が立ってしまうこと、襦袢の衿が飛び出てしまうこと、褄先が飛び出てくることなどでした。

脇のたるみは寸法と縫い方でもかなり軽減できますが、それと合わせて着付けも一工夫していただくと、より効果的でほとんど出てこなくなります。ですので、着付けのコツもお話させていただきました。

衿が飛び出てしまうことや衿が立ってしまう原因は、ほとんどの場合、既製品の半襦袢や美容衿などに問題があるのですが、今回もそれが原因だったようです。当店の襦袢をご試着いただくと綺麗に衿が寝て、理想の着付けに近づきました。

褄先のシルエットについては、これまでご着用になっていた着物が、昔の関東好みの仕立てになっていたことが原因でしたので、新しくお客様のお好みにあったシルエットになる寸法で寸法表を作成させていただきました。
これからお仕立てを少しずつ増やしていかれるとのことでしたので、ぜひ寸法表をお役に立てていただければと思います。

とんでもない提案をする店

先日ご相談にお越しくださったお客様。
「仕立ててもらった訪問着が大きくて・・・・」

たいてい訪問着で大きいというと、身丈か身幅なんですが、拝見してみると身丈も身幅もさほど大きくありません。
細かく確認すると・・・、なんと原因は裄でした。
当店の採寸より1寸(4cm)も長い!!

呉服店では、「仕立て直すついでに染め変えれば?」と言われたそうです。
まだ数回しか着ていない、とっても綺麗なクリーム色の訪問着の染め変えを勧めるなんて(; ゚Д゚)!!
そんな大変な目に合う前に、うちにお持ち込みいただいて正解でした。
裄直しだけで、だいぶ着やすいサイズになりました。

一口に「大きい」と言っても原因は千差万別です。
きちんとした知識のある、安心なお店がもっと増えていけばいいなあと思います。

襦袢の衿巾問題

最近、「襦袢の衿が着物と沿わなくて・・・。」

というご相談をよくいただきます。

既製品の半襦袢などの場合、洋裁で作ってあるものだと、もうそもそも和裁の衿とは形が違います。

そういう場合は、残念ながら襦袢を替えていただくしかありません。

でもそれ以外に問題がある場合もあります。

それは・・・、 (さらに…)

続きを読む

ベトナムの縫製工場に行ってきました。

先月、ベトナムの縫製工場に行ってきました。

とってもいい笑顔で迎えてもらいました~。
ベトナム 着物 仕立て

雰囲気はとっても和やかムードですが、実はベトナムの職人さんは地方から出稼ぎに来ている人が多く、「お金をためて田舎に帰るぞ!」という人が多いそうです。

だから意気込みが違う。

家族を背負ってる人もいる。

トップレベルの人の腕前はこんな感じです。↓

(さらに…)

続きを読む

「裾すぼまり」って前から見た姿だと思っていませんか?

(さらに…)

先日ご相談にお越しくださったお客様。

「なんだか裾すぼまりにならないんです」

・・・とご相談いただきました。

拝見すると、とても綺麗に着てらっしゃるように見えます。

「どういう時に気になりますか?」とお伺いすると、写真を撮った時とのこと。

そこで「???」となったわけです。

「もしかして、裾すぼまりって前から見た姿だと思っていませんか??」

続きを読む

正絹襦袢、洗えます。

1115

こんな素敵な正絹襦袢も、実はお洗濯可能です。

「洗えるから」ってポリ買ってませんか??

ムシムシするし、静電気はひどいし、着心地悪いのに「洗えるから」って我慢してませんか??

昔はみんな、正絹だってお家で洗濯してたんです。

正絹は洗えないって思っていませんか?

着物寸法システム

このたび、着物寸法を割り出すシステムを作りました☆
2月末までの期間限定で、無料でお試しいただけます。

ヒップサイズを測って入力すると、一番綺麗に見える前巾・後巾・合褄巾が自動で割り出せます。
立った時に綺麗に見せたいか、正座のときにはだけにくくしたいか、といった詳細な好みも選べます。
抱巾を指定したいけれど、どれぐらいまでならできるのか、といったことも調べられます。

また、作った寸法表に構造上の問題がないかどうかチェックすることも可能です。
ヒップを測っただけで和裁士と同じような細かい寸法表が作れることを目指したシステムです。
お仕事で採寸をされている方で、もう少し細かい寸法表を作って差し上げたいなぁと思っている方、ぜひお試し下さい!

http://www.tsukihiko.com/system
パスワード akane (2017年2月末まで)